• レモンの木

子どもの偏食を克服するには?



「親がやさしく見守ってあげること」


子どもの偏食に頭を悩ます保護者の方はとても多いと思います。

私の子育ては、野菜嫌いの娘との格闘の日々でした。


離乳食から野菜を食べなかった娘は喘息の持病があり、

「栄養バランスを整えなければ元気になれない」と真剣に悩んでいました。

ところがどんなに工夫を凝らしても全く口にしてくれません。

幼稚園の園長先生からも「この子は何を食べて大きくなったのでしょうね」

と、首を傾げられるほど園の給食もほとんど口にしませんでした。


そんなある日、ふと良いアイデアが浮かび「米粒と同じくらいに野菜を刻み子どもの好きな味付けにして炊き込みピラフにしてしまえば気付かずに食べてくれるのでは・・」

と、張り切って玉ねぎ・ピーマン・にんじんそのほか色々な野菜を細かく刻み、炊き込みピラフを作りました。

しかし結果は惨敗!!

お米に混じった野菜たちを次々に選り分けて、お米と自分の好きな具材だけにして食べたのでした。


本来短気できちんと子どもを育てなければと考えていた私は、きつく叱って無理にでも食べさせようとするところですが、幸か不幸か私自身が幼い頃、好き嫌いがあり無理に食べさせられた嫌な思い出がありました。

娘の気持ちがわかった私は、無理に食べさせたり、叱ったりすることが出来ませんでした。


しかしそれこそが好き嫌いを無くす一番のポイントだったのです。

『無理強いせず、諦めず』食事自体を嫌いにならないように気長に付き合う。


今では我が子も大人になり、ほとんどの野菜を克服し食べるようになりました。


子どもとの向き合い方、接し方に悩んだ時にはご連絡ください。

食育に限らず、さまざまなご相談を承ります。

幼児食インストラクター 岩田

0回の閲覧
かわいいピンク_yokonaga[1].jpg

大宮ココロスペース ​レモンの木

TEL 070-4539-7878

〒330-0852

さいたま市大宮区大成町3-216-2
グリーンフラワー大成102号

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

子育て支援
心理カウンセリング

心と体のリラクゼーション

9:30~20:30(完全予約制)
不定休

lemontreeomiya@yahoo.co.jp

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now